【写真あり】迷いやすい分岐(ジャンクション)も簡単。
煩わしい合流も少なく走りやすいのが特徴の新ルートでスイスイ~

首都高速でディズニー

2015年3月7日に中央環状線山手トンネル渋谷線~湾岸線が開通しました。

名古屋方面から東京ディズニーランドまで首都高速を利用する方にとっては、時間短縮、渋滞緩和、わかりやすい分岐などメリットとなることが多いルートです。

渋谷~湾岸線

ようやく私もこのルートを実際に通ることができました。
ジャンクション(分岐)は簡単だし走りやすい!

ということで、分岐箇所などの写真と共に新ルートの説明や利用した感想などお伝えします。

東名高速から首都高速の入り口である用賀料金所を通過すれば、そこは渋谷3号線です。

「池尻」を過ぎて数百メートル先の大橋ジャンクション(分岐)を右にそれます。
渋谷3号線に入ったら余裕をもって右車線へ移動しておきましょう。

 

見づらいですがC2 B湾岸線 東北道と案内板に出ています。
(路面には東北道と書かれています。)

大橋jct

分岐後は左側を走行しましょう。
まもなく「左(湾岸線方面) OR 右(東北道方面)」の分岐があるので「左」へそれます。

渋谷線~湾岸線

壁に「湾岸線B青」と書かれていて路面も青くなっているのでわかりやすいです。
「青い方!湾岸線B方面です。」

渋谷線~湾岸線

まもなく本線へ合流するので、落ち着いて本線に流入しましょう。
流入後は余裕をもってでいいので左車線へ移動しておきましょう。
ずっと先の大井ジャンクション(分岐)で左へそれるためです。

大井jct

長いトンネルを抜けると、まもまく湾岸線へ合流する大井ジャンクション(分岐)があります。

大井ジャンクション(分岐)は、左(東関道方面)へそれます。
路面には東関道と書かれています。

大井jct

これで、無事湾岸線へ入ることができます。

湾岸線に入ったら、3車線のうち一番左側を走行してましょう。
有明ジャンクションを超えると左側の車線が増えたりしますが、気にせずそのまま走行すればOKです。

大きな橋を越え観覧車が右奥に見えたら葛西出口の案内板が見えてきます。
そこがディズニー最寄りの降り口です。

葛西を降りたら千葉・浦安方面へ直進。
その後、一番左車線を走行していればディズニーリゾートの看板があるので、そこを左へそれる 信号なしで左折可能)

その後、突き当りを左折。
直進すると、左側がディズニーランド駐車場。
ディズニーランドを行き過ぎぐるっと海沿いを走っていけば、左側にディズニーシーの駐車場があります。

新ルート 渋谷線~湾岸線を利用した感想

あっという間に湾岸線まで行けたという印象です。
道幅も広くトンネルの中を通過するので目線があちこり行かず、ごちゃごちゃした感覚が少ないのでとても走りやすかったです。

時間的には、これまでの谷町ジャンクション経由と、それほど大きな違いはないでしょう。

メリットも多いルートですが、デメリットもあります。

それは、都会の景色を楽しめないことです。
薄暗いトンネルを通過して湾岸線まで出るので、渋谷や六本木の都会の風景を見ることができません。

また、レインボーブリッジも渡らないため、東京を感じないままディズニーランドへ着いてしまいます。
唯一、お台場が少し見れるくらいですね。

迷わず簡単に着くことを優先するなら、新ルートである「渋谷線~湾岸線ルート」がおすすめです。
いや、せっかくだから渋谷駅や六本木ヒルズをチラ見して、レインボーブリッジも渡って都会の風景を感じたいなら、谷町ジャンクション経由がおすすめです。

【参考】
谷町ジャンクション経由の行き方はこちらでご説明しています。
また、首都高が事故渋滞してるときなどは横浜で降りるルートもあります。

それでも不安だな〜という場合には高速道路、首都高速のジャンクションを車線まで丁寧に音声と表示でわかりやすく説明してくれるカーナビアプリがわかりやすいです。
女性初心者ドライバーでも「コレ使っててよかった〜!」という口コミもあるほどです。

↓こちらは、首都高速で複雑な個所(板橋jct〜熊野町jct)をカーナビタイムで通過している動画です。
車線案内や音声がとてもわかりやすいです。

カーナビタイム(スマホアプリで30日間は無料でお試しできます。)