混雑時でも工夫された駐車スペースでトラブルを未然に防ぐディズニーの駐車場は、
イオンなどの大型ショッピングモールの駐車場とは明らかに違います。aeon-parking

ディズニーランド・シーへお車で来園された方は、
どんな駐車場だったのか?思い出して下さい。

 

こんな感じではありませんでしたか?

land-parking02

 

これなら、1度もお車でディズニーランド・シーへ行ったことのない方で、
たとえ運転に自信がなくても、スイスイと駐車スペースに入れることができます。

駐車スペースが広いということもありますが、
これ以外にも、よ~く考えられた秘密が2つあるからです。

その2つの秘密とは…

駐車スペースが斜め60度になっている。
前進から駐車し前進で出られる。(※一部例外もある)

 

なぜ、斜め60度なの?

一般的な駐車スペースは、より多くの車が駐車できるよう、
四角いマスが並んだ形になっています。

これだと、駐車しようとするスペースの隣に車が駐車していたら、
前進でも後退でも駐車しづらいですよね?

後退で駐車するときなんかは、2~3回切り返さなければならないことも
よくあります。

こんな手間を省いてスイスイと駐車できるのが、
操作性が最も良いとされる進行方向に対して斜め60度という角度なんです。

このつくりだと、駐車スペースは減ってしまうのですが、
事故を起こすトラブルがぐっと減るでしょう。

 

前進から駐車し前進で出られるのは?

これは、後退するときに操作ミスで、
車をぶつけてしまう確率が高いからですね。

前進で駐車スペースを出ることができれば、
よほどアレな人でない限りぶつけたりしませんから。

ディズニーランド・シーの混雑した駐車場では、
運転操作が苦手な方でも、スイスイ駐車できるようになっているわけです。

「1台でも多くの車を止めるために」ではなく、
「1台でもトラブルを起こして嫌な思いをしないために」というのが、
ディズニーの考え方ですね。素晴らしいです!

※なお、車いすをご利用の方は、
車いす専用の駐車区画がありますので、料金所のキャストに申告していただければ、
パーク近くの1台のスペースが広い駐車区画に案内されます。

入園前は、気持ちが高ぶって駐車場のことなんかは、
あまり気にかけないでしょうが、

もし、この次にディズニーランド・シーへお車で来園することがあれば、
ディズニーランド・シーの駐車スペースに注目すると、
やっぱすげーな~って印象を受けるでしょう。

ホスピタリティっすね!