年中無休のディズニーランド&シーでは、致し方のないことです。
混雑日のチェック以外にも、ネットで事前にわかる注意するべきことが3つあります。

1.開園時間
2.休止中アトラクション
3.パレード・ショーのスケジュール

 

この3つは、混雑とも関連があります。なぜなら、激しく混雑すると予想される日に、人気アトラクションを休止にしたり、開園時間を短くしたり、パレード・ショーの最終日にしたりということは基本的に可能性が少ないからです。

1つ例をあげるなら、  ディズニーの三山と呼ばれるジェットコースターの1つ、スプラッシュ・マウンテンの休止期間は、2013年1/29~3/14となっていて、激しく混む時期を避け、比較的空いている時期になっていることです。

混雑しない日だけど、人気アトラクションが休止になっていることなどを、知っていた上で来園するのなら問題ありません。混雑してない日にばかりに気を取られていて、3つの要素が完全ノーガードだった場合は、ディズニーランドに入園して5分でがっかり。なんてことになり兼ねませんのでご注意を。

 

え!ビッグサンダーマウンテンが休止だって?

人気アトラクションなのに、そんなことってあるの?

 

私も、過去に苦い経験をしたことがありました。十年以上前の6月の梅雨シーズン平日、閑散期のことです。当時のディズニーランドに行った記憶は、ほとんど残っておりませんが、覚えていることといえば2つ。当時付き合っていた4歳年上の彼女とアメリカンタイプのバイク(vツインマグナ250)に2人乗りで行ったこと。そして、ビッグサンダーマウンテンが休止で非常に残念な思いをしたことです。

「4歳年上の彼女とバイクで2に乗り」という記憶と「ビッグサンダーマウンテンが休止だった」という2つが同程度の記憶に残っている。う~ん、衝撃を受けたことは記憶に焼き付くといいますが、そう言うことなのでしょう・・・。(^_^;)

そんことはどうでもいいのですが、大事なことは混雑する日かどうかに気を取られてしまうと、他の情報が抜け落ちてしまうことがあるってことです。

1.開園時間
2.休止中アトラクション
3.パレード・ショーのスケジュール

 

これらは、東京ディズニーリゾート公式サイトのカレンダー/スケジュールのページに掲載されているので、必ず事前に見ておきたいですね。

ちなみに、混雑する日っていうのは開演時間が8時と早いことが多く、閉園時間も22時までと、1日を通して開園時間が長いのが特徴です。

アトラクションに関しては、混雑する時期でも休止していることがあるので、ここは要注意ですね。

パレード・ショーは、終了してしまうパレード・ショーの見納め。新しく始まるパレード・ショーの一番乗りという混雑との関係があります。

混雑する日はいつなのか?の他にも事前に、東京ディズニーリゾート公式サイトで確認できることなので、面倒臭がらずにチェックしておくといいですね。

東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト カレンダー/スケジュールページ