ディズニーランド&シーに訪れたとき、小さい子供でも楽しめるアトラクションを把握できていれば楽ですよね?

kodomo-attraction1

そこで、事前にネットを使って調べる方法と、来園当日に現地で調べる方法の2つをご紹介します。どちらも5秒あれば調べることができるでしょう。

 

【ネットでわかる】小さい子どもが楽しめるアトラクションを知る方法

公式サイトで条件検索

東京ディズニーリゾート公式サイトのアトラクションページ上側に「条件をつけて検索」というボタンがあることを知っていましたか?

ここから、「小さい子供でも楽しめる」にチェックを入れて検索ボタンを押せば、簡単に小さい子供でも楽しめるアトラクションがズラッと写真付きで並びます。

kodomo-attraction2

 

各アトラクションの画像をクリックすれば、さらに細かいアトラクション情報や簡単な動画を見ることができます。

例えば、「身長が◯◯㎝以上」や「お子様を膝に乗せた状態ではご利用になれません」などの情報が載っています。

動画では、アトラクションがどんなものなのかを30秒程度で見ることができるので、だいたいのイメージがつかめます。

スマホをお持ちの方は、公式サイトのアトラクションページをお気に入りに登録しておけば、パーク内でも情報の閲覧が可能になりますね。

 

【現地でわかる】小さい子どもが楽しめるアトラクションを知る方法

各アトラクションの出入り口を見る

0~2歳などの特に小さいお子様が楽しめるアトラクションを知るには、この方法が最も簡単です。

ほとんどのアトラクションは、出入り口にベビーカーを置いてアトラクションを利用しますので、アトラクションの出入り口にベビーカーが並んでいれば、小さい子どもが利用できるアトラクションという判断ができます。

ベビーカーは結構目立つのですぐにわかりますよ。

これ以外の方法としては、各アトラクションの出入り口付近にいるキャスト(ディズニーリゾートのスタッフ)に聞いてしまうという、最も確実な方法があります。

身長制限のあるアトラクションで規程の身長に届いているのかわからない場合は、アトラクション入り口でキャストが子どもの身長を測ってくれるので順番に並ぶ前に確認しておくとよいです。

 

小さい子供が楽しめるアトラクション 注意点

パークが混雑しているときは、アトラクションに長い待ち時間が発生します。
特に小さいお子様の場合は、長時間待ち列に並ぶことには注意が必要です。

体力的な消耗に気をつけることはもちろん、授乳やオムツ替えの時間も考慮しておきましょう。

poo-standby

アトラクション待ち時間情報を利用して、混雑状況と合わせて小さい子供が楽しめるアトラクションを選択しましょう。

事前に利用するアトラクションの順番を決めていても、当日の混雑状況などによって計画が崩れてしまうことは普通にあります。

私の娘の場合、今でこそ利用できるアトラクションは苦手さや怖さなどの理由でかなり減ってしまいましたが、3歳頃までは怖いもの知らず?でアトラクションには意外と乗れていたんですよ。

ディズニーランド&シーには、小さい子供でも楽しめるアトラクションがたくさんあります。
お子様が大きくなってから、ディズニーランド&シーに行った記憶が残っていなくても、パパ・ママと一緒に夢の世界を体験した時間は、お子様にとって非常に価値のあることではないかと思います。

 

こどもと行くおすすめプラン

公式サイトに、ディズニーランド&シー別にこどもと行くおすすめプランというものがありました。

ディズニーランド

  • 子どもたちの願いを叶えてあげたい!
  • ベビーと一緒にパークデビュー!
  • 冒険したい男の子へ
  • 東京ディズニーランドで七五三!

ディズニーシー

  • ベビーと一緒にパークデビュー!
  • 冒険したい男の子へ
  • プリンセス気分で楽しみたい女の子へ
  • おしえてパークのこと

こんな内容が掲載されていますので、参考にしてはいかがでしょうか?

http://www.tokyodisneyresort.co.jp/enjoy/plan/kids/index.html