使ってみるとわかるゲストアシスタンスカードのありがたさ。過去に苦労して並んでいたのはなんだったのか・・・。

gestassistance-1今回、ゲストアシスタンスカードを利用したのは5歳の娘です。

広汎性発達障害という障害があるため、順番待ちが長いとパニックを起こしてしまうことから、ゲストアシスタンスカードを利用することになりました。

5歳の子どもなら、順番が待てなくてグズったりすることはよくあることだと思いますが、娘の場合は、ドを超えたグズり方をしてしまうんです。

具体的にどうなるかというと、奇声をあげる、大泣きする、物を投げる、叩くなど、手の付けられないブチ切れ状態になります。(-_-;)

回りの順番待ちをしているゲストに迷惑がかかるため、その場にいられず途中退場したことも過去にありました。ひどい時には、数十分間の待ち列に並んで、あと少しで順番が回ってくるというときにパニックを起こして、あえなく退場なんてこともありました。

こういうことがあると、かなり凹みますね。アトラクションに乗れないという残念な気持ちもありますが、障害があっても、日々頑張って生活している娘に、1日だけでも夢の世界で楽しい思いをさせてあげようとディズニーランドに来たのに、パニックを起こす結果になってしまうと、本当にここへ連れてきてよかったのか?という思いになります。

そんな思いを解消してくれたのが、ゲストアシスタンスカードでした。
このカード1枚で余計な心配がなくなり、娘も楽しい思いができるってすばらしいですね。

今回利用したのは、娘の一番お気に入りのアトラクションである、ディズニーランドの「空飛ぶダンボ」でした。

dumbo

「空飛ぶダンボ」の待ち時間は40分。

dumbo-machi
土曜日のディズニーランドでは、短くもなく長くもない微妙な待ち時間でしたが、迷わずカードを利用しました。

それというのも、昨年「空飛ぶダンボ」の順番待ちで、えらい苦労した経験があったからです。
このアトラクション、並んでいる列がそんなに長くないわりに待ち時間は長め。

さらに、目の前でダンボがグルグル回るのが見えるため、娘は今すぐにでも乗りたいという欲求に耐え切れず、順番がまだなのに「乗る!乗る!ギャー!」と興奮状態になり、他のゲストに迷惑を掛けるということがありました。

このときの待ち時間が30分だったこともあり、順番待ちに耐えられる時間は30分と判断。
30分待ち以上のアトラクションは、迷わず利用させていただこうと決めていました。

実際に、ゲストアシスタンスカードを手にするとわかるんですが、意外とカードがコンパクトです。

gestassistance

2つ折りのカードの中身は、ゲスト名・アシスタンス内容・カード利用者と付き添いの人数・有効期限・注意事項、あと、利用するアトラクション名と担当キャスト、利用時間を記入する欄があります。

gestassistance-2

写真のカードは、ディズニーランドでもらえるゲストアシスタンスカードで、青色の表紙にティンカー・ベルが描かれています。ディズニーシーでもらえるゲストアシスタンスカーは、緑色の表紙にジーニーが描かれています。

今回、私達は1日目がディズニーランド、2日目がディズニーシだったため、電話で事前受付したゲストアシスタンスカードをディズニーランドで受け取ったんですが、このカード1枚で次の日のディズニーシーも利用できるということでした。

ゲストアシスタンスカードを利用予定の方は、電話での事前受付はやっておいた方がいいですよ。事前受付をしてある場合は、ディズニーランドではメインストリートハウス、ディズニーシーではゲストリレーションで受け取れます。

各アトラクションのエントランスでゲストアシスタンスカードを発行してもらうこともできますが、電話受付し、メインストリートハウスやゲストリレーションで受け取ることのメリットは大きいです。

当日、利用者の名前とお連れの人数を伝えて、簡単な説明を受けるだけで済むことの他に、利用者が子どもの場合は、ついでに迷子シールもお願いすることができるからです。

一つの場所で、ゲストアシスタンスカードと迷子シールを同時に受け取ることは、余計な負担が減りますからね。

ただ、ディズニーランドのメインストリートハウスとディズニーシーのゲストリレーションは、ガイドツアーの受付場所にもなっているので、開園直後には混雑する可能性もあるので注意が必要です。

私達の場合、開園の列に並びたくないことや、人気のアトラクションに乗ることができないことが初めからわかっていたので、開園1時間後の入園ゲートが空いてからパークに入園したため、ゲストアシスタンスカードの受け取りはスムーズでした。

ゲストアシスタンスカードの受け取りひとつにしても、電話の事前受付~受け取りまでの流れを知っておくだけでも負担が減らせますね。ゲストアシスタンスカードをご利用予定の方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

今まで、アトラクションやショーの順番待ちができないからと、ディズニーランド・シーの来園を躊躇していた方は、ゲストアシスタンスカードの利用を考えてみてはいかがでしょうか?

ディズニーランド・シーに連れてきてもらって、アトラクションやショーを体験したことは、きっと忘れられない楽しい思い出として記憶されると思います。