車から降りれば、すぐそこが入園ゲート。
障害のある方や、車いす利用の方だけでなく、妊婦さん、歩くことに困難がある高齢者の方は、専用駐車スペース利用を。

東京ディズニーリゾートは、障害のある方への配慮がとても多いと感じます。私の娘には、広汎性発達障害という障害がありますが、その関係で、ディズニーリゾートの障害がある方に対しての配慮をいろいろと調べた時期がありました。

それまでは、障害がある方への配慮などまったく知りませんでした。
基本的に、ディズニーリゾートに限らず、こういったことは自分で調べないと詳しいことはわからないものですね。

障害がある方に対する配慮があっても、それを知らなければ何もならない。

ということで、今回は障害のある方や車いす利用の方、妊婦さん、歩くことに困難がある高齢者の方、またそのご家族で、パークに自動車で来園される方への専用駐車スペース利用についての情報です。

 

どういう方が対象となるのか?

  • 障害のある方
  • 車いす・バギーを利用の方
  • 歩行が困難な高齢者の方
  • 歩行が困難な妊婦さん
  • その他、歩行に困難がある方

※本当に専用駐車スペースの利用が必要な方のみが利用できます。

 

専用駐車スペースにどうすれば駐車できるのか?

駐車場料金所のキャストに、駐車場から歩くことが困難な理由を伝えて下さい。
事前に東京ディズニーリゾートインフォメーションセンターにお問い合わせいただくとより詳しいことがわかります。
0570-00-8632(9時~19時)PHS・一部のIP電話・国際電話の方は、045-330-5211

 

利用するにあたり、提示するものや必要なものはあるのか?

特にありません。自己申告制ですが、障害者手帳や療育手帳を見せればキャストさんもわかりやすいですね。

 

具体的にどのあたりに駐車できるの?

ディズニーランド:

4つの区画であるM(ミッキーマウス)、D(ドナルドダック)、G(グーフィー)、P(ピノキオ)の「ドナルド区画」の最前列にあるT(ティンカー・ベル)の位置です

parking-land

 

ディズニーシー:

5Fの立体駐車場、各階にリトル・マーメイドのセバスチャン(1階)・トリトン(2階)・フランダー(3階)・アリエル(4階)・スカットル(5階)のうち、
1階の半分が歩行困難者用区画となっており、車椅子利用者などが優先的に案内されます。また、2階以上のエレベーター付近にはその他障害者を優先的に案内しています。

parking-sea

 

私達家族は、この専用駐車スペースは利用していません。娘に発達障害はあっても、歩くことに困難がないからです。ただ、パーク内のトイレに入ることができないので車に戻ることはありますが、この程度なら利用対象には含まれないと考えます。障害のある方などのための専用駐車スペースは限られていますので、手帳があるからといっても必要なければ利用しないということです。

しかし、本当に必要だと思われる方は、遠慮せずに、駐車場料金所のキャストに伝えて専用駐車スペースを利用させていただきましょう。

別に楽したり、ズルしたりというわけではありません。障害のある方、歩行が困難な高齢者の方、お腹の大きい妊婦さん、日々の生活でも苦労することが多々ありますね。当人とその家族になってみないとわからない不自由さというものがありますので、利用すべき人は利用させていただきましょう。