知らなくてもいいけど、知っていると楽しさが確実にアップするディズニリゾートのキャスト
直接触れ合うことが可能な接客系キャストだけでも、16種あるって知ってた?

そんなに種類があるのはすごいけど、それが何で楽しさにつながるのか?
もちろん、楽しめる理由はいくつもあります。

わかりやすいところから言えば、衣装
パーク内がファンタジーな世界だから、さらっと見過ごしがちですが、よく見ると衣装が奇抜だったり可愛かったりと見応えはある。

特にアトラクションキャストは、アトラクションによって衣装が様々。
ディズニーの魔法の掛かってしまうひとつの要素ですね~。

他にも、アトラクションキャストが話す言葉にも注目すると、これって何語?なんて言ってた?そんな言葉もしばしば聞くことができます。

例えば・・・

  • サラーム!
    ディズニーシー アラビアンコーストでの挨拶(アラビア語:平和あれ!)
  • モビリス・イン・モビリ!
    ディズニーシー ミステリアス・アイランドの挨拶(ラテン語:変化をもって変化する)
  • ブエナスタルデス!
    ディズニーシー ロストリバーデルタでの挨拶(スペイン語:こんにちは!)

意味を知っていれば、大きな声で挨拶できますね。
私は恥ずかしくてできませんが、できる人は大きな声で挨拶してみて下さい。きっとキャストがいいリアクションしてくれるかもしれません。

アトラクションキャスト以外では、トイレ清掃含むお掃除をするカストーディアルキャストの衣装も変わってます。清潔感のある白の衣装に帽子&蝶ネクタイ。とてもお掃除するような格好ではないところがいい!

普通のテーマパークのお掃除スタッフなら、だいたい白い長靴を履いたおばちゃんが、一生懸命にトイレのお掃除をしているものです。

でも、ディズニーの世界はトイレ清掃する人まで徹底しているってことですね。

他にも特徴あるキャストがディズニーリゾートにはたくさんいます。
衣装・挨拶・接客・パフォーマンスなどなど、さすがキャスト(キャスト=役者)と呼ばれるだけありますね。

アトラクションやショー・パレード、キャラクターだけでなく、キャストに注目するだけでも楽しめます。パークに訪れたときには、ぜひキャストにも注目して下さい。楽しみがきっと増えます。

ディズニーリゾートのキャストについては、オフシャルサイトでもご紹介されていますよ。

http://www.castingline.net/disney_jobs/