上手いこと言うねー。思わず「おぉーっ!」と言いたくなるディズニーキャストの夢のある言葉とDJポリスの巧みな話術を比較してみた。

djpolicevscast-1

 

警視総監賞まで授与されたDJポリス。
彼のユーモアセンス溢れる呼びかけと、知る人ぞ知るディズニーキャストの夢のある言葉。

どちらが好きですか?
なぜ、DJポリスはあれだけ話題となったのか?

 

DJポリスって何?

サッカー日本代表がワールドカップ出場を決めた6月4日の夜、東京都渋谷区のスクランブル交差点で、ユーモアを交えた呼びかけが反響を呼び、警視総監賞まで授与された警視庁第9機動隊広報係の20代男性隊員。

その巧みな話術から「DJポリス」の愛称が付けられました。

djpolice

 

DJポリスの巧みな話術

まずは、DJポリスのユーモアを交えた呼びかけを見てみましょう。

  • 「お巡りさんからイエローカードが出る前に皆さん、歩道に戻りましょう。」
  • 「みなさん、通行妨害はイエローカードですよ。」
  • 「警察官は怖い顔をしていますが、心の中では同じように喜んでいます」
  • 「今ここにいる皆さんは日本代表のチームメートです。怖い顔をしたお巡りさんも心の中ではW杯出場を喜んでいます。おうちに帰るまでが応援です」
  • 「日本代表、フェアプレイでも大変有名です。12番目の選手でもあるサポーターの皆さん、交通ルールを知っかり守りましょう」
  • 「皆さん、サッカー日本代表はフェアプレーのチームです。皆さんもフェアプレーを守って喜びあいましょう」
  • 「怖い顔をしてる近くのお巡りさんも、本当はワールドカップ出場嬉しいんです!気持ちは皆さんと一緒です!こんな日に怒りたくないんです!」
  • 「日本代表のユニホームを着ている皆さんは、12番目の選手です。チームワークをお願いします」

上手いこと言うねー!

どうやらDJポリスと愛称付けられたお巡りさん、今年の1月に警備広報競技会個人の部で優勝した経歴もあり、警視庁の機動隊員およそ3000人のうち合格者がわずか数人しかいないという「警備広報上級検定」にも合格していたようです。

明治神宮の初詣でも、マイクを持っての誘導や注意の呼びかけをした経験があり、来年の明治神宮の初詣ももしかすると・・・の期待もしてしまいますね。

ちなにみ、渋谷スクランブル交差点での呼びかけは、完全アドリブだったようです。

 

ディズニーキャストの夢のある言葉

ディズニーキャストの夢のある言葉は、こちらから話しかけないとなかなか聞くことのできないものです。

どうしたら、キャストの夢のある言葉を聞くことができるのか?

custodial

一番簡単な方法は、パーク内の清掃を担当するカストーディアルと呼ばれるキャストに、ある言葉を投げかけてみることです。

清掃しているカストーディアルに、何拾ってるんですか?と聞くと・・・

  • 「溢れこぼれた笑いを集めているんです」
  • 「貝を拾っている」
  • 「ミッキーの宝物を探しています」
  • 「ティンカーベルの魔法の粉を集めています」
  • 「これは今はこんな感じですが、あとでミッキーが魔法をかけて夢の欠片となりみなさんのところへ届くんですよ」
  • 「ジーニーの魔法の欠片を拾ってます」
  • 「こいつ(ほうき)がお腹すいたって言うんで、ポップコーン食べさせてるんですよ」
  • 「溶岩のカケラを拾っています」
  • 「海藻を拾っています」
  • 「チップとデールが落としたドングリを拾っています」
  • 「夢のかけらを拾っています」
  • 「星のかけらを集めているんです」
  • 「わたしは(ディズニー・シーを訪れてくださった)みなさんの笑顔を集めているんです」

 

これもまた、上手いこと言うねー!
夢あるねー!

いろんな夢のある言葉があることから、カストーディアルが自ら考えているんでしょうね。
次回来園したときには、また新しい夢のある言葉を聞くことができるかもね。

 

ディズニーキャスト夢のある言葉 VS DJポリスの話術

DJポリスの話術とディズニーキャストの夢のある言葉の一部取り上げてきましたが、どっちが上手いこと言っていると思いますかー?

DJポリス?それともディズニーキャスト
そんなもん、比較すんなーってのはナシとして、

やっぱりディズニーキャストでしょ!
と、言いたいところですが、今回はDJポリスに!

DJポリスがメディアに取り上げられ、インターネットを通じて拡散していったことは、「上手いこと言った」という単純なことだけではないでしょう。

そもそも、お固い職業の警察官がユーモアを交えた呼びかけをするなんて思いもしません。
意外性がありました。

ディズニーのキャストが上手いこと言うのは、ちょっと予想できます。意外性とまでは行かないですね。

結果的には、警視総監賞まで授与されたDJポリスですが、あのユーモアのある呼びかけをするのは、とても勇気がいたことではないでしょうか?

もしかすると、「あのお巡りさん、寒いこと言ってるよ~」とか「上司から後で、あんなふざけた呼びかけするな!」なんて言われたかもしれません。

しかも、大勢の先輩・後輩のお巡りさんや、取材に着ていたメディア関係者がいる中での呼びかけでしたからね。

通常は予想できない警察官のユーモアある呼びかけに、思わず反応してしまった渋谷のサポーター達、そのインパクトとワールドカップ出場を決めた喜びとが上手く絡み合って、世間の注目を集めたのではないでしょうか。

何気に面白かったのは、DJポリスもサッカー好きなんだなぁ~という発言が多々見られたことです。

  • 「日本代表、フェアプレイでも大変有名です。
    12番目の選手でもあるサポーターの皆さん、交通ルールを知っかり守りましょう」
  • 「みなさん、通行妨害はイエローカードですよ。」

日本代表がフェアプレイで有名なこと、サッカーのフィールドに立てるのは11人であることから、サポーターの皆さんを12番目の選手と言ったところ、サッカーの試合で用いられる審判が警告をするときに提示するイエローカードを、通行妨害に言い変えて用いたところなど、DJポリスもワールドカップ出場を決めた日本代表のサッカーファン一人だということがちょっと垣間見れます。

そんなサッカーファンであろうお巡りさんが、その場にいた日本代表のワールドカップ出場を喜ぶ人々の気持ちを察し、ユーモアのある呼びかけで注目を集めたことは、単に面白いお巡りさんで終わらず、混乱を抑えて負傷者や逮捕者を出さなかった結果を生み出したのではないでしょうか。

ということで、勝者はDJポリスに!

 

ディズニーキャストの夢のある言葉、DJポリスの話術を・・・

ディズニーキャストの夢のある言葉やDJポリスのユーモアのある呼びかけを、「面白かったー」「感動したー」で終わらせていいのでしょうか?

そこで、こんな場面でディズニーキャストの夢のある言葉やDJポリスのユーモアのある呼びかけを応用してみたらどうかな?

  • 結婚式でのスピーチ
  • 司会進行役
  • プレゼンテーション
  • 大勢の人が集まる中での挨拶

本屋に売っている挨拶・スピーチの文例集みたいなものから、無難で面白みのまったくないものを参考にするより、ディズニーキャストやDJポリスのように、記憶に残り、人から人へと拡散していくような言葉を考えて取り入れてみた方が絶対にいい!

結婚式でベタな「3つの袋」の話なんかされたらドン引きですからねー。

ディズニーキャストのような夢のある名言、DJポリスのようなユーモアある巧みな話術、

応用して取り入れてみれば、なんか面白そー!