ディズニーランドでは右回りする人が多いというが、普通逆では?と思ってしまった。それは、人間には左回りの法則というものがあるからなのですが・・・。

hidari-housoku-1

左回りの法則 人間はなぜ、左回りを好むのか?

  • コンビニやスーパーマーケットの多くは、左回りになるように設計されている
  • 学校のグランドや陸上の競技場は、左回りに走るようになっている
  • 野球のベースを回るときは左回り
  • 競輪・競艇は左回り
  • スピードスケート競技は左回り
  • 目を閉じてまっすぐ歩くと左側に寄っていく
  • ハンマー投げ、円盤投げの選手は左回りで投げる選手が圧倒的に多い
  • 回転するイスで子供を遊ばせると大抵は左回転する
  • EXILEのChoo Choo Trainのロールダンス(一列になり時間差で回るヤツ)は左回り

どうやら、人間は左回りを好むようです。
左回りを好むのにはいくつかの説があります。

 

心臓が体の中心より左側に位置しているからという説

  • 心臓は体の中心よりも左側に位置しているため、心臓をかばうために自然に左回りを好む。
    遠心力により、心臓に負担がかからないのが左回りだから。

内蔵のうち、最も重い肝臓が体の右側に位置しているからという説

  • 体の右側に重たい肝臓が位置するため、体のバランスを取るよう左に重心が移る習性がある。

利き足が右の人が多いからという説

  • 陸上競技のトラックが左回りなのは、左回りの方が右回りより良い記録がでるからだと言われています。
    これは、左回りだと左足を軸にし、地面を利き足の右足で蹴りこむことができ、その結果早く走れるという理論。

 

これらの法則は、「左回りの法則」と呼ばれています。
はっきりとした答えはありませんが、人間は左回りを好むことは間違いなさそうです。

 

ディズニーランドは、初めからゲストを右回りに誘導するよう設計されていた!?

ディズニーランドは、東西に未来と過去、南北に現実と夢が配置されているというツイートが2011年頃に話題となっていたようです。

これは、東側には過去をイメージさせる、アドベンチャーランド(ジャングルの奥地の世界)・ウエスタンランド(19世紀開拓時代の西部)があり、反対の西側には未来をイメージさせる、トゥモローランド(宇宙と未来の世界)の未来を思わせるテーマランドがあること。

さらに北側には夢をイメージさせる、ファンタジーランド(白雪姫・ピーターパン・プーさんなどに出会える夢と童話の世界)やトゥーンタウン(ディズニーのキャラクターが住む街)があり、南側には現実をイメージさせる、ワールドバザール(ショッピングなどお金を使う場所が多い)があるということからでした。

gennzaikakomirai

しかし、これとは少し違った考えがそれ以前にあることを知りました。
それは、パークに入ると左に過去、奥に空想世界(現在)、右に未来のエリアがあるというものです。

genzaikuso

この過去、空想世界(現在)、未来という配置は、右回りにパークを回ると、過去から空想世界を通り未来へと時空の旅ができるように設計されたという考えあます。ゲストが右回りするように意図的に設計されたということでしょうか。

 

なぜ、ディズニーランドは右回りするように設計されたのか?

人間は、自然と左回りする法則があることは簡単に説明しましたが、その左回りの法則に対して、逆の右回りする動線を作り出せば混雑が緩和されるということです。

これらの考えは、あくまでも専門家が分析した結果であり、ディズニーが公式で発表しているものではありません。

しかし、左回りの法則に右回りの動線を意図的にしているという考え方は非常に興味深いですね。

ちなみに、ディズニーランドでは7つのテーマランドから作られていて、パーク入口から順に右回りになるように並べると以下のようになっています。

ディズニーランド7つのテーマランド

  1. ワールドバザール アンティークなゲームに、どこか懐かしいショップやレストランが立ち並ぶ
  2. アドベンチャーランド ジャングルの奥地の世界
  3. ウエスタンランド 19世紀開拓時代の西部
  4. クリッターカントリー 小動物(クリッター)の郷 未開の土地をカヌー探検
  5. ファンタジーランド 白雪姫・ピーターパン・プーさんなどに出会える夢と童話の世界
  6. トゥーンタウン ディズニーのキャラクターが住む街
  7. トゥモローランド 宇宙と未来の世界

なるほど~!
右回りに順に進んでいけば、過去~未来への時空の旅になると言われればそうですねー。

 

人気アトラクションにより、右回りする人が多い現実

過去、空想世界(現在)、未来というパークの位置関係によって、ゲストが右回りに誘導されているというのは、「なるほど!」と思う部分もありましたが、本当にそうなの?と少々疑う余地もあるのではと思うのは私だけでしょうか?

でも、現実的に右回りするゲストが多いのは、もう一つ理由がありました。

その理由は、「ビッグサンダー・マウンテン」、「スプラッシュ・マウンテン」という大人気のスリルライドアトラクションを目指す人々が多いため。

これは、東京ディズニーリゾートの達人と言われる吉田さん一家が、TBSのガッチリアカデミーに出演したときに言っていたことです。

放送当時の2011年7月の時点で、一家で2000回以上東京ディズニーランドに訪れているという強者の発言は、かなり信頼性が高いのではないでしょうか?

確かに、ビッグサンダーマウンテンやスプラッシュ・マウンテンは、比較的ファストパスの発券が早くなくなることが多いですから。

ディズニーランドは、右回りになるようなアトラクション配置を最初から考えていたのでしょうか?

現在では、プーさんのハニーハントやバズ・ライトイヤーのアトラクションがあるため、その偏りも少なくなっていると思いますが、もし、目指すアトラクションがパーク北側のイッツ・ア・スモールワールドだとしたら、あなたは右回りで行きますか?それとも左回りでいきますか?

私の場合は、ほぼ100%左回りでした。
やっぱり左回りの法則が関係しているのかもしれません。

 

ディズニーランドのアトラクション左回りと右回り

左回りの法則は、アトラクションにもありました。

  • キャッスルカルーセル 左回り
  • イッツ・ア・スモールワールド 左回り
  • 空飛ぶダンボ 左回り

小さい子供が乗るようなアトラクションは、安心できるように左回りに設計されていると言われています。

一方、わざと右回りに設計されているアトラクションもあります。

それは、ホーンデットマンションです。

お化け屋敷系のアトラクションは違和感を与えるために、あえて右回りに設計されているらしいです。

その他のアトラクションでも、左回りか右回りかを確かめてみると面白いですね。

なお、ディズニーランドにはない観覧車は、右回りになっています。
それはなぜかというと、観覧車は動いているゴンドラに乗り込む際に、左足が軸で右足から乗り込む方が多いため、安全に乗り込めるよう右回りになっているようです。

 

日常でも、左回りの法則を意識すると面白い

ディズニーランドの左回り、右回りについて語ってきましたが、左回りの法則というのは、私達日常の中でも意識してみると面白いことがわかります。

コンビニやスーパーマーケットの動線

あなたのよく行くコンビニやスーパーの店の回り方は、左回りでしょうか?それとも右回りでしょうか?

立地条件にもよりますが、一般的には左回りの方が多いようです。
それは、買い物のしやすさが関係しています。

スーパーの外周には、比較的重量のある冷蔵や冷凍の商品(野菜・魚・肉類)が置かれています。その商品を取りやすくするために左回りになっていると言われます。

左手にカゴ、またはカートのカゴに商品を入れるときは、右手で商品を取ってカゴの中へ移動させた方が自然だからです。大手スーパーでは、左回りを原則とする店舗が多いようです。

左にクルクル回転すると体が柔らかくなる?

カイロプラクティックの先生のブログを見ていたら、ここにも左回りの法則がありました。
膝を伸ばしてまっすぐ立ち、両手を下にどれだけ伸ばせるかという「前屈」ありますよねー。

あれ、左に数回クルクルまわった後にやってみると、体が柔らかくなって前屈の記録が伸びるそうです。

実際に私も試してみたところ、数センチ記録が伸びました。すごい!
ちなみに、右に回ったあとに前屈すると体が固くなります。不思議ですね。

左回りの法則って面白い!

ぜひ、日常の左回りの法則をいろいろ発見してみて下さい。