これから放映・放送される映画、ドラマが1割増しで楽しめるようになる、
人気の出る理由を知ってしまった。

人気の共通点

映画「アナと雪の女王」が人気となった理由として、
いろんなことが言われてます。例えば…

 

  • ディズニー初の女性監督起用
  • エルサ・アナのWヒロイン
  • 主題歌「Let It Go」の人気
  • エルサへの共感
  • リアルな女性心理(王子様は迎えにこない、信じるのは自分)

 

な~るほど…

 

確かに、これらは人気が出た理由になってるなと思います。

 

でも、

 

それ以前に、なくてはならない要素が、
要所要所に使われているからだということを知ってしまいました。
それは、ドロドロ展開する「昼ドラ」とも共通する「あれ」です。

 

「考えさせられる」こと

 

映画やドラマの内容を書いてしまうとネタバレになってしまうので、
どこがどのようにとお伝えすることは避けますが、

「アナと雪の女王」と「昼ドラ」に共通する部分から見る、
”考えさせられる”とは、このようなことです。

 

「えっ!あの人が犯人だと思ったのに違うの」
↑じゃあ、誰がいったい?

「なんで!? あいつ、実は悪いやつだったのか?」
↑裏切られてしまってこれからどうなっちゃうの?

「まさか、あの人とあの人がそういう関係だったなんて…」
↑ヤバイなぁ~、これからどうするつもりなのこの二人

「結末はどうなってしまうの?」
↑最後は誰と誰がどういう関係でハッピーエンドとなるの?

 

…のように、ハラハラドキドキ、大どんでん返しという
「考えさせられる」ということは、

映画やドラマを見ているとき、あなたの脳が
フルに活動しまくってるという状況になることです。

この脳の活発な働き「考えさせられる」
人気の出る理由ということを知ってしまいました。

これは、一部の脳研究者の研究結果からも言われていることです。

「思考・直感・感覚・感情」という脳全体が
心地よい刺激を受けながら動いていると、
人間は最も快感を覚えるといいます。

先が見えてしまう、予想ができてしまうような映画やドラマは、
脳の動きが活発にならず「つまらない」という印象を与えてしまいます。

先が見えない、予想ができない、予想を裏切られる、
そんな映画、ドラマが「考えさせられる」ことで人気となるわけです。

アメリカの人気ドラマでいうと、
コテコテですが「24 -TWENTY FOUR」や「プリズン・ブレイク」、
展開が全然見えず、ハラハラドキドキさせられっぱなしですよね?(笑)

昼ドラのドロドロ感もそうです。
男女関係、友人関係があそこまで、まさかの展開でドロドロ…と、
興奮&どうなっちゃうの?で、次回が気になりまくります。(笑)

日常生活ではどうでしょうか?
若干ニュアンスは違いますが、ハラハラ、ドキドキ「考えさせられる」ことありますね。

あの人が、まさかあんなことをしてたなんて…
あの人とあの子が付き合ってたなんて…
あれだけ上手くいってた家庭なのにどうして離婚を…

予想を裏切られ、なんで?と考えさせられ、
あれやこれやと妄想を膨らませてしまいます。

そして、結果・結論を知ることで
嬉しさ、楽しさ、スッキリ感、ドキドキ感を得られます。

人は「考えさせられる」ことで、脳全体の心地よい刺激に快感を覚えます。

これから見る映画やドラマを、こういった視点で見ていくと、
脳が活発になって「考えている」ことを実感できて面白いです。

アナと雪の女王の続編が2015年春に公開されることが決まりましたが、
どれだけ「考えさせられる」のでしょうか?

楽しみですね。

今見ている、ドラマや映画も、
こんな視点でみると1割増しで楽しむことができるでしょう。