ディズニーリゾートのキャストも「スモールステップ」取り入れてたんだー。

...MICKEY!

…MICKEY! / “KIUKO”

9割がアルバイトだというディズニーリゾートのキャスト。
「思いやり」「心からのおもてなし」というホスピタリティが高いことは知られていますが、そのキャスト達もスモールステップを取り入れていました。

やっぱりスモールステップって効果あるんだなー。

 

スモールステップって何?

私が初めてスモールステップという言葉を聞いたのは、発達障害の娘をどう育てていけばいいのかと迷っていたときに読んだ子育て本でした。

スモールステップについて、発達障害情報・支援センターのサイトの説明がわかりやすかったのでご紹介します。

スモールステップとはちょっぴりがんばればできそうな、手の届きそうなことを目標にするやり方のことです。
ある高さまであがるのに階段があるとします。難なくあがれる人もあれば、その段の高さに圧倒されて登れない人もいます。でも、一段ずつの段を低くしてあげれば登りやすくなります。そういうふうに、課題を細かく分けて一つずつクリアできるように手助けするのがスモールステップの支援の考え方です。
スモールステップは学習や仕事などさまざまな場面で有効です。

育てにくい発達障害の子も、ホスピタリティの高いディズニーのキャストも、このスモールステップを取り入れているということは、それだけスモールステップが効果があるという証拠ではないでしょうか。

 

ディズニーリゾートのキャストが行なっているスモールステップとは?

ディズニーリゾートのキャストは、身近な先輩キャストのサポートと指導をスモールステップを重ねて成長していきます。

大きな目標をかかげると目標倒れで終わってしまうことから、「スモールステップ」として何を目標にするのかを決め、後輩を成長させる近道として先輩キャストが行なっています。

「それを実現させるためには、いま何を目標にして頑張ればよいのか」

身近な存在である先輩や上司だからこそ後輩キャストの仕事を理解することができ、小さなステップで目標を達成していくことによって理想へと近づくということでしょう。

※参考文献 9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方

 

効果のあったスモールステップ具体例

スモールステップの考えを日常に取り入れると、まぁ不思議。

私が過去に行ったスモールステップで、これは良かったと思う具体例。

子育て(トイレ訓練)

旅の駅ぐらんぱるぽーと
旅の駅ぐらんぱるぽーと / Norio.NAKAYAMA

現在も日々悪戦苦闘中の子育てですが、トイレ訓練でその効果を発揮しました。
トイレと言えども、多くのステップが存在します。

最初からすべてできることは難しいので、小さいステップに分け、最終的に一人でおトイレができるようになりました。

  • トイレに入ること
  • 便座に座ること
  • ズボンを脱ぐこと
  • 用を足すこと
  • トイレットペーパーで拭くこと
  • スボンを上げること
  • 水を流すこと

一つ一つできる度に褒めてあげると、本人もやる気を出して来ました。(^_^)

 

ブログを作ること

猫はキーボード操作に難があるようです。
猫はキーボード操作に難があるようです。 / HIRAOKA,Yasunobu

ブログを始める場合は、一番初めのブログの箱部分を作ることが最もエネルギーがいります。
どんなタイトルにして、どんなカテゴリを作って、どんな記事を書いて、どんな写真を載せて・・・

やることが多すぎてそのやり方もよくわからないとなれば、なかなかブログを作ろうという気持ちになれません。

でも、これをスモールステップで行なっていけば意外とできてしまうものです。

  • 自分のわかりやすいブログサービスを決める(アメーバやFC2など)
  • ブログのテンプレート(容易された外枠)を決める
  • タイトルを入れてみる
  • プロフィールを書いてみる
  • 1記事投稿してみる
  • カテゴリ分けしてみる
  • 写真を載せてみる

最初にすべてをやらなければならないと考えてしまうと、難しそう、面倒臭いという気持ちになってでモチベーションが続きません。

でも、1つ1つのやれそうなことから始めると、それができたときに楽しくて次に進みたくなります。

写真をアップできたときは、そりゃ感動もんでしたよー(笑)

ブログ始めたいけど難しそうと思っている方は、小さいステップに分けると意外とできてしまいます。ブログが出来上がっていく様子を自分の目で確かめられるので、楽しみながらできますね。

 

ディズニーの教え スモールステップ まとめ

ディズニーリゾートのキャストが取り入れているスモールステップや、私が個人的に効果のあったスモールステップ具体例をご紹介してきましたが、このスモールステップは私達の日常でも役に立つものです。

大きな目標は、長く続けることが困難です。
何かを始めようとしたとき、最初は気持ちが熱くなっていても、気がつくとその熱はすっかり冷めてしまい、目標があったこと自体忘れてしまうケースも珍しくありません。

ディズニーリゾートのキャストが9割アルバイトであっても、先輩の教育によって「思いやり」「心からのおもてなし」というホスピタリティが育てられています。後輩を育てる、その一つの方法がスモールステップです。

「ちょっぴりがんばればできそうな、手の届きそうなことを目標にする」

「一段ずつの段を低くしてあげれば登りやすくなる」

私達の日常でもスモールステップを取り入れてみると、とっても良い結果が出そうですね。