「全てはゲストの安心と安全のため」。東北地方太平洋沖地震が起きた日、自ら判断し行動したキャストがアルバイトだったとは・・・。

cast-tetsugakuパーク内で起きた信じられない光景にガチで驚きました。

私は、そこにいたわけではありませんが、たまたま動画でその様子を見ることができました。

ディズニーリゾートで働くスタッフの9割がアルバイトだということは、書籍やネットで知っていたものの、まさか、そこまですごいとは・・・。

そもそも、スタッフのことを「キャスト」、お客さんのことを「ゲスト」というディズニーリゾートには、最初からディズニーの哲学があったんですね。

「全てはゲストの安心と安全のため」

東北地方太平洋沖地震が起こったあの日、キャスト自らが判断し行動したことに、ガチで感激しました。

こんなこと、アルバイトが判断できるとは到底思えません。でも、彼らはそれを自らの判断でやってのけたんです。

  • パーク内のおみやげ用お菓子を食料としてゲストに配る
  • ダッフィーの大きなぬいぐるみを防災ずきん代わりに配る
  • おみやげ用のビニール袋を寒さ対策に配る
  • いつ落ちるかわからないシャンデリアの下に立って、「私は、シャンデリアの妖精です。」とゲストを安心させる。
  • おみやげ用の袋に隠れミッキーがいますとゲストを楽しませる

こんなこと、教えられていないのにアルバイトであるキャストが自ら判断し行動した事実。
普通だったら、アルバイトが社員に相談→社員が上司に相談→上司から役員へ

こんな形で回りくどく判断が下るのだろうけど、ディズニーリゾートのキャストは違いましたね。一番に考えたのが、ゲストの安心と安全だったんです。

普段からそういう教育を受けているから、実際の現場でも行動が素早く取れるんだと思います。
こういうのって、事が起きてから明らかになるものです。

どこかの会社にありがちな、「お客様が一番です。お客様のために・・・。」
そんなこと言ってるところに限って、何かトラブルが起きた時に、それは・・・え~とですね。◯◯で・・・。ってごまかすんですよね。

そこんところ、ディズニーは一貫性があり、哲学がありますね。
普段、パークに行って何気なく見過ごしているキャストさん、実はすごいんですよ。

日本一ではないでしょうか?

アトラクションやパレード・ショー、キャラクターがメインに思えるディズニーリゾートですが、みんなが安心して安全にディズニーの世界を楽しめるのも、キャストあってのことですね。

いざというときは、必ず力強い見方になってくれるでしょう。